-

任意整理という言葉は一般的に借金の整理とも呼ばれており、それぞれ債権を持つものに対し借金の支払いを行っていくことを選ぶ債務の整理の選択肢のことをいいます。その流れですが司法書士有資格者それから弁護士有資格者債権を有する者とあなたとの間に入って相談し、利息を定めている法律に従い利息の引き直しを行い一から計算した借りたお金の元金についての金利を下げる方法によって3年ほどの期間内で返済を行う借金整理の方策です。この任意整理には簡易裁判所などといった国の機関が口出しすることはないため他の処理と比べると手続きを取った際におけるデメリットとなる点があまりなく、やり取りそのものも依頼人に重荷にならないのでメインとして比較考慮する必要がある手続きでもあります。くわえて、貸し手がヤミ金業者といった法外な利子の際には、利息制限法で定められている利息に加えて支払った借入金利においては借入金の元金に充てられると判断され借入元金それ自体を減額することだって可能です。ということから、ヤミ金に類する高額な金利を取るところへ長期間返済してきた場合にはある程度のお金をカットすることができる場合もあり10年以上続けて返しているケースだと負債そのものが消滅することもないとは言えません。任意による整理のメリットを挙げると、自己破産とは異なってある部分のみのお金のみを整理していくことができますので、他に保証人が付く負債以外について手続きをしていく際やマンションのローンを除いて手続きしていく場合等においても用いることも可能になりますし全ての財産を手放してしまう義務がないためマイカーや住宅などの自分名義の資産を所有していて、手放してしまいたくない状況においても有効な債務整理の手順です。しかし、手続きを取った後の返済に必要な額と実際の可処分所得を比較検討して、ある程度完済が見通せるようなら任意による整理の手続きを取るほうが良いといえますが、破産とは違って負債そのものがなくなってしまうのではありませんので元金の額が巨額なような場合は実際に任意による整理の手続きを踏むのは困難だと考えるのが無難でしょう。