-

予期せず、いきなり出あってしまうのが事故です。ここでどのように処理する結果がポイントとなり自動車保険金の受け取り額も異なることも予想できますので的確な考えと対策が大切です。思っていない出来事に平静さを失ってしまうのならば必要な状況を見逃してしまい、先々自身が損を受けるケースも想像できるので自動車の事故に巻き込まれた場面では正確に以下の対応を行いましょう。車の事故を起こした場面で最初にする事は怪我人の状況の確認です。後は訳が分からず何も出来ない状態になってしまう状況がありすぐには動けないのが一般的です。なので、怪我をした方がいたら安全なところに移して手当てをし周りの人に助けを求めるなどして救助の優先を心掛けましょう。119番に電話をする場合には適切な位置を連絡して分かりにくい場面では近くの目を引く建造物や町名を知らせて事故現場の住所が分かるようにします。その後警察署に連絡し、自動車事故が起こった事、現在の状況を告げます。救急車とパトカーが来るのを待っている時間に怪我人のことをチェックします。名前、TEL番免許証番号、車のプレート事故相手の自動車保険の会社名と言った自分だけでなく相手のことを伝えます。その時事故の相手に違反があるような場合、そこでやり取りしようとすることが考えられますが処理するのではなく、どういうケースだとしても110番や保険屋さんに届け、正しく調べてもらいます。それぞれの内容を教えたら交通のさまたげにならないために妨げになる物道の上から取り除きます。どうしても被害が交通の障害になっている場合には各々の情報を交換するより先にこの対応を行うことは問題ありません。ここで自身の加入している自動車保険の会社に連絡して自動車事故があった旨を知らせます。一定の時間内で自動車の保険会社に報告していないと自動車保険の適用外にケースもあるのでできるだけすぐに行動することが欠かせません。さらに事故現場の証拠になるようにデジタルカメラや携帯のカメラなどで事故の現場や愛車の破損の様子を見ることができる写真を写します。それは責任の割合決定する際にかなり大きな証明となりますので、あなたのクルマや相手のクルマの壊れた箇所を正しく証拠写真として残しておきます。近くに人がいれば警察や保険会社の人が辿り着くまで事故現場にそのまま待機してもらうように呼びかけることも必要です。